【焙煎度で選ぶ】コーヒー豆のえらびかた

コーヒーの味で最も大きな影響を及ぼすものが「焙煎度」です。産地銘柄よりむしろ、「焙煎度」の違いがコーヒーの味を決定付けます。カフェ・バッハの「イエメンモカ」は「中煎り」のため、酸味のコーヒーに仕上げていますが、仮に「深煎り」にした場合は、苦味のコーヒーになります。焙煎度の違いにより、下記の様に酸味と苦味のバランスが変化していきます。まずは、自分の好みの味から、お気に入りのコーヒーを探してみて下さい。

浅煎り

酸味
苦味

すっきりとした酸味が主で、苦味はほとんど感じられない味わい。心地よい酸味とやわらかなコク。味わいがソフトで軽やかなため、コーヒーが苦手な入門者の方におすすめです。

浅煎りのコーヒー豆はこちら

中煎り

酸味
苦味

豊かな酸味と、コーヒーらしいコクのあるマイルドな味わい。柑橘類のような爽やかな酸味と甘味、コクが重なり、コーヒーの味わいが豊かになってきます。

中煎りのコーヒー豆はこちら

中深煎り

酸味
苦味

酸味と苦味の調和によるバランスのとれた味わい。コーヒーの味が最も豊かになる、酸味、苦味、コクのウエイトバランスが抜群に良い。当店のバッハブレンドもこの焙煎度です。

中深煎りのコーヒー豆はこちら

深煎り

酸味
苦味

はっきりとした苦味とカラメルの様なコクのある味わい。豆の表面の色が黒くなっていき、同時に油が滲みだして、ツヤのある状態になります。酸味を多少残しつつ、香ばしさや苦味、コクを強く感じられます。

深煎りのコーヒー豆はこちら